『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判と、反日思想を排す。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではない。南木隆治

『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判と、反日思想を退け、現在進行中の危機を共有してください。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではありません。もっとも日本的な経営をしている従業員思いの優良企業です。
このブログは東証一部上場企業『フジ住宅株式会社』と、その創業者であり、現会長である今井光郎氏が、一人の在日韓国人のパート従業員に対して「ヘイト行為、いやがらせ」をし続けているとして訴えられ、現在進行している裁判(原告たちは「ヘイトハラスメント裁判」と呼んでいる)について、それはまったくの不当な言いがかりであり、むしろ被害者は、実質的に既に営業妨害と、名誉を毀損されている『フジ住宅』と今井会長であると考える南木隆治(みなきたかはる)が、そのことを皆様にお伝えし、『フジ住宅』と今井光郎氏を応援し、その名誉を守る事を目的として作成しているブログです。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判・反日運動を排す。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではありません。もっとも日本的な経営をしている従業員思いの優良企業です。南木隆治
    菊池和雄 (04/06)
外部リンク
南木隆治(みなきたかはる)      http://minaki.webcrow.jp/ (南木の資料室・総目次) http://star.ap.teacup.com/minaki/ (南木の資料室別館) http://osjes.jugem.jp/?month=201701 『沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会』
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
プロフィール
南木隆治
 profilephoto『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判・反日運動を排す。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではありません。もっとも日本的な経営をしている従業員思いの優良企業です。

 このブログは東証一部上場企業『フジ住宅株式会社』と、その創業者であり、現会長である今井光郎氏が、一人のパート従業員に対して「ヘイト行為、いやがらせ」をし続けているとして訴えられ、現在進行している裁判(原告たちは「ヘイトハラスメント裁判」と呼んでいる)について、それはまったくの不当な言いがかりであり、むしろ被害者は、実質的に既に営業妨害と、名誉を毀損されている『フジ住宅』と今井会長であると考える南木隆治(みなきたかはる)が、そのことを皆様にお伝えし、『フジ住宅』と今井光郎氏を応援し、その名誉を守る事を目的として作成しているブログです。

現在進行しているこの裁判は、単に一企業である『フジ住宅』だけの問題ではありません。
我が国内で『反日運動』を進め、国内に『反日思想』を蔓延させようとする勢力が、原告を利用して、この裁判を強力に進めようとしているのです。
既に状況は一企業と、その一従業員の間の裁判ではなく、全日本の反日勢力と、一企業との裁判に変質しています。
よって、我々はこの裁判を『フジ住宅』の側に立って、強力に応援しなければなりません。

原告を支援する団体は、大阪市が先年採択した育鵬社の歴史教科書について、その「採択に不正があった」として、『大阪市教育委員会』と、『フジ住宅』を槍玉に挙げ、大阪弁で言うところの「いちゃもん」を際限なく付け続けています。

原告と、その支援者たちの主張は以下のアドレスに公開されています。
https://www.facebook.com/HateHarassment/
『ヘイトハラスメント裁判を支える会ホームページ』

原告の在日コリアン3世の女性は「フジ住宅」が「差別文書配布をした」と主張しているのですが、フジ住宅が社員教育の為に配布した書物は、このブログをご覧の皆様の多くが、良くご存知の市販されている書物ばかりです。(例えば『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』ヘンリー・ストークス ・ 『日本人だけが知らない 世界から絶賛される日本人』黄文雄 ・ 『斎藤一人の道は開ける』 斎藤一人等)
それらの中には、確かに国籍が韓国人である原告にとって「不快」な感情を持つ書籍がまったく無かったとはいえないでしょう。(例えば上記と同じくヘンリー・ストークス氏の著作 『外国特派員重鎮が反日中韓の詐欺を暴いた』 等)

しかしそれらは全て現在の国際情勢の厳しさの中から、言論の自由がある我が国では、世に出回って当然の、むしろ優良で、全国民が読むべき推奨される著作だと私は思っています。
それを、外国籍の社員がいるからといって、会社が国際的な見識を持つ優良な社員を育てるために、市販の書籍をプレゼントする(無料で、しかも読む事をまったく強制されていない。)ことを、「ヘイト行為」だと主張するのは、とんでもない言いがかりだと言わねばなりません。

万が一でも、この裁判で『フジ住宅』が負けるような事があれば、わが国の言論は間違いなく弾圧され、上記の書籍も発禁処分をうける事になってしまうでしょう。(韓国では実際言論弾圧が行われており、「親日」的な立場の書籍が発禁処分を受けています)

原告の女性は長年『フジ住宅』に勤務されてきたとの事で、「10年前はそんな事はなかったのに、ここ最近はおかしい」と言っておられるようですが、10年前と現在では日韓関係はまったく違います。そうであるからこそ、これらの書物が出版され、会社も社員教育の必要が発生しているのだと、どうして理解できないのでしょうか。

今回、ずっと我慢してこられた『フジ住宅』は、原告を支援する団体が裁判所へ提出する署名活動だけでなく、難波や、『フジ住宅』本社のある大阪岸和田市の駅前で、大々的な街宣活動を始めたことで、ようやくこの裁判についての会社の見解をホームページに公開されました。以下の通りです。
https://www.fuji-jutaku.co.jp/ をクリックしてください。そして大きく、白い枠で囲まれ
「訴訟についての弊社の考えと原告支援団体の主張に対する反論」と書かれているところを再度クリックしてください。
https://www.fuji-jutaku.co.jp/assets/dl/home/170404_protest.pdf このページです。


私(南木)はこの『フジ住宅』のお立場を、お考えを全面的に支持します。
そしてこのブログをご覧の皆様に、今後恐らく最高裁まで行くと思われるこの裁判の応援をしていただきたくて、当ブログを作成しました。


さて、今井光郎氏の事を少し紹介します。
氏は社団法人『今井光郎文化道徳歴史教育研究会』を設立され、そこに一代で築かれた莫大な私財の大半を寄付されて、我が国の文化、道徳、歴史教育、その他重要な価値ある人々の活動に、多大な援助と支援を、静かに行ってくださっている、極めて重要な人物です。

そうであるからこそ、私から見れば「極左」と呼べるような人々が、一従業員の訴えに、ある意味で「目をつけて」これを利用せんと、その原告を全面的に支えることになったとも言えます。

上記、原告を応援するフェイスブックページ等をご覧になれば、その情報は一方的な、言いたい放題が拡散されている事がすぐに分かると思います。

会社の顧問弁護団は大変良く仕事をしてくださっており、そして南木が裁判を傍聴したところでは、今のところ裁判の進行が負けているとは思えないですが、ネット環境上では既に『フジ住宅』会社はサンドバック状態になっています。

あまつさえ今回、大々的な街宣活動を、難波や、本社の位置する大阪岸和田市の駅前で彼らがはじめた事により、ついに会社も上記反論を掲載されたわけですが、既に状態は一企業と、一従業員の問題ではなく、我が国の歴史、伝統、文化を大切にしようと願う全日本人への敵対行為が裁判を通じて行われていると言って過言ではありません。

そもそも『フジ住宅株式会社』は従業員のを極めて大切にし、社員教育には大変な努力を傾注しておられる会社で、その点に関して、幾度もの表彰を受けている会社です。(例 2017年02月22日経済産業省・日本健康会議による「健康経営優良法人2017 大規模法人部門(ホワイト500)」に認定 )
最近の「株主資本主義」のような立場を安易にとらず、従業員と、従業員の家族への思いやりに満ちた、いまどきの一部上場企業に珍しいほどの日本的な経営をなさっている会社です。

その事は創業者の今井光郎氏の経営理念の表明からもよく分かります。
https://www.fuji-jutaku.co.jp/story/
フジ住宅創業の精神 家族からはじまる物語

現地、岸和田市の地域社会の人々も、従業員を大切にし、地域にも多大な貢献をしている企業が従業員に「ヘイトハラスメント」(憎悪を伴う嫌がらせ)をし続けているなどと聞かせられれば、狐につままれたような気持ちになられる方々が多いに違いありません。

以下は重要ですので繰り返しになりますが、要点1から4を列挙します

1 今回会社から「ヘイトハラスメント」(憎悪を伴う嫌がらせ)を受け続けているとして訴えを起こしている原告は、15年以上『フジ住宅』に勤務されてきたパート社員ですが、会社は人材育成の為に多大な教育費を使って、多くの書籍を社員、パートタイマーに到るまで無料配布しており、その書籍は全て市販されている書籍ばかりです。しかも会社は参考資料として配布していて、読む事を強要しているのではありません。


2 数多い配布本の中に、ここ数年間の日韓関係の、戦後最大と思われるほどの悪化から、韓国や、韓国の国民性を批判する書籍が混じっていた訳ですが、会社で誰一人としてこの原告に差別的な言辞を投げかけた者はいません。

3 原告は今も会社で以前と変わらず、従業員として普通に仕事をされています。勤務に関して、何の差別も、いやがらせも受けていません。

4 もし、万が一でも、何かの間違いで、今回の裁判で『フジ住宅』と今井会長が負けるような事があれば、我が国の司法によって、日本国民の言論の自由、思想信条の自由が大幅に侵害される事態が確実に起こると思量されます。それらの書物が「差別を助長する」として出版停止になるような事態も想定されます。それは我が国が韓国のようになると言うことです。




南木は、この裁判で、原告を応援している人々の目標が「反日思想」の拡散であり、日本人の思考と、言論を弾圧して、日本国と、日本社会を永久に「悪い国」、「悪い国民」あると定め続けたい願望によって成り立っていると判断しています。

4 について詳説すれば次のような事が想起されます。

名著『親日派のための弁明』を書いた韓国人の金完燮氏はその言論を弾圧され、真実を記載しただけなのに名誉毀損で有罪となり、また彼に物理的に肉体に暴行を加えた人々は無罪になりました。
『親日派のための弁明』は我が国で40万部以上も売れた名著で、私も感心して昔読みましたが、韓国では有害本に指定され、発禁となったのでした。

今回の裁判で原告の訴えを司法が受け容れれば、我が国が韓国のような言論の自由のない国に陥り、多くの素晴らしい本が書店に並べられなくなるでしょう。
我が国は言論において決して韓国のような国になってはなりません。(こう言っただけで原告たちにとっては「ヘイトハラスメント」になるのでしょう。)

この裁判は原告が取り下げない限り、最高裁まで行くと思われますが、私は最終最後まで、『フジ住宅』と、今井会長、を応援し、守りたいと思います。そしてこの裁判によって、原告とその支援者によって否定されている日本人の思考の自由と、日本の誇りを、司法が誤った判断をしないように、国民の力でを守り続けなければならないと思います。

皆様、逐次進行中の裁判情報も流して行きますので、裁判の傍聴券獲得等、その都度、何卒宜しくご協力賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

ところで、この原告や、支援者たちは、例えば韓国の前大統領 李明博氏の天皇陛下に対するこの発言をどう捉えているのでしょうか。

「日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い、
重罪人に相応しく手足を縛って頭を踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話しだ、
そんな馬鹿な話しは通用しない、それなら入国は許さないぞ」(注:「日王」とは韓国人が我が国の『天皇陛下』を蔑むために、つまり、皇帝はチャイナにしかおらず、日本人が「皇」の文字を使うことを許さないという、日本蔑視の、日本人差別思想から使う表現)

上記は間違いなく実際にされた李明博の発言です。

この発言を聞いて、血が逆流するほどのショックと怒りを感じた多くの日本人がいたと思います。この発言を聞いて以来、私は、この大統領発言を、ご本人か、あるいは本人に代わる責任ある立場の韓国人が、心より日本人に謝罪しない限り、気の毒だが、必然的に韓国は滅亡する運命にあると思っており。今もそう思っています。そして、実際に韓国はそうなりかけているのではないかと思います。

自身の大統領のこのような発言を不問に付して、日本社会で暮らしながら、このような発言が為される韓国と、その国民性への批判本が、会社で社員教育の為に配布されると、それを「ヘイト」だと言う。何と言う自分勝手な態度かと私は思います。

そもそも、韓国大統領のこのような、人類史上誰もした事がない天皇陛下への不敬発言があったからこそ、韓国や、韓国人に注意を促し、また日本人にそのような韓国と韓国人によくよく注意せよと主張する本が次々と出版されるようになったのです。

『フジ住宅』は、従業員の為に、そして、『地域社会の為に、ひいては国家の為に』会社は存在するということを、社是とし、ホームページでもそのことを謳っている会社でです。『フジ住宅』が行っている事は、まったく間違っておらず。むしろ称賛されるべきことであると私は考えています。南木隆治拝。 (平成29年4月6日記載)
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.