『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判と、反日思想を排す。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではない。南木隆治

『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判と、反日思想を退け、現在進行中の危機を共有してください。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではありません。もっとも日本的な経営をしている従業員思いの優良企業です。
このブログは東証一部上場企業『フジ住宅株式会社』と、その創業者であり、現会長である今井光郎氏が、一人の在日韓国人のパート従業員に対して「ヘイト行為、いやがらせ」をし続けているとして訴えられ、現在進行している裁判(原告たちは「ヘイトハラスメント裁判」と呼んでいる)について、それはまったくの不当な言いがかりであり、むしろ被害者は、実質的に既に営業妨害と、名誉を毀損されている『フジ住宅』と今井会長であると考える南木隆治(みなきたかはる)が、そのことを皆様にお伝えし、『フジ住宅』と今井光郎氏を応援し、その名誉を守る事を目的として作成しているブログです。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • 裁判2日前、未だブルーリボンの扱い方針定まらぬ大阪地裁堺支部。わずか数行を2万ページとミスリードする原告側弁護士に騙されるな。
    中谷悦治 (10/30)
  • 『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判・反日運動を排す。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではありません。もっとも日本的な経営をしている従業員思いの優良企業です。南木隆治
    菊池和雄 (04/06)
外部リンク
南木隆治(みなきたかはる)      http://minaki.webcrow.jp/ (南木の資料室・総目次) http://star.ap.teacup.com/minaki/ (南木の資料室別館) http://osjes.jugem.jp/?month=201701 『沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会』
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
(速報)『フジ住宅裁判判決主文』「1 被告らは原告に対して110万円支払え。2 原告のその余の訴えを棄却する。」『ヘイト行為』など一切認められていない。

(速報・非常に重要・拡散希望)

 

『フジ住宅裁判判決主文』

1 被告らは原告に対して110万円支払え。

2 原告のその余の訴えをいずれも棄却する。」

 

☆『ヘイト行為』など一切認められていない事が一目瞭然です。

 

『フジ住宅裁判判決主文』


 判決には、会社が「ヘイト行為」をしたなどという事を認める記述は一切無く、原告側の請求は全て棄却されています。

民事訴訟で法的拘束力を持つのは実質は「主文」だけです。

後の説明はだらだらと裁判官は何でも書けるのです。

判決主文は上記の通りです。つまり、原告側、そして、朝日新聞などは完全なフェイク情報を拡散しているのです。

完全な『虚偽情報』と言って良いと思います。

 

3300万円の請求がなぜ110万円の判決なのかについて本日中にこの、私のフジ住宅応援ブログで解説します。

簡単に言うとこの裁判がもしも普通の民事訴訟で、損害賠償の金額を争う裁判であれば、会社側の大勝利なのです。

3300万円の請求が110万円なのですから。

 

そして「ヘイト」やら、「人種差別」やらの原告の主張は

「2 原告のその余の請求をいずれも棄却する」

と判決に書かれている通り、原告側の全面的敗訴なのです。

 

今回の判決は『フジ住宅』を「敗訴」に持って行く論理展開としてもめちゃくちゃです。

『ブルーリボンバッジ』を外させる裁判官ですから、とにかく会社を敗訴させると言う結論があったと思われ、当然予測できたことでした。

 

けれども『フジ住宅』は直ちに控訴を決断されました。本当に立派です。

この裁判が『全世界的』に現在展開されている、人類の運命を決するような「戦争」の一部であり、「国運」に直結する事を深く理解されています。

この裁判の帰趨は『香港』の運命とも深く関わっています。

日本の裁判所は一体誰の為に存在しているのか。

多くの国民が益々この裁判に注目してくれる事を私は望みます。

詳しくはこのブログで解説します。

今しばらくお待ちください。

皆様、本当に有り難うございます。

以上、速報です。南木隆治拝

- | 09:38 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
- | 09:38 | - | - |
コメント
from: -   2020/07/03 4:56 PM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.