『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判と、反日思想を排す。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではない。南木隆治

『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判と、反日思想を退け、現在進行中の危機を共有してください。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではありません。もっとも日本的な経営をしている従業員思いの優良企業です。
このブログは東証一部上場企業『フジ住宅株式会社』と、その創業者であり、現会長である今井光郎氏が、一人の在日韓国人のパート従業員に対して「ヘイト行為、いやがらせ」をし続けているとして訴えられ、現在進行している裁判(原告たちは「ヘイトハラスメント裁判」と呼んでいる)について、それはまったくの不当な言いがかりであり、むしろ被害者は、実質的に既に営業妨害と、名誉を毀損されている『フジ住宅』と今井会長であると考える南木隆治(みなきたかはる)が、そのことを皆様にお伝えし、『フジ住宅』と今井光郎氏を応援し、その名誉を守る事を目的として作成しているブログです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
  • 裁判2日前、未だブルーリボンの扱い方針定まらぬ大阪地裁堺支部。わずか数行を2万ページとミスリードする原告側弁護士に騙されるな。
    中谷悦治 (10/30)
  • 『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判・反日運動を排す。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではありません。もっとも日本的な経営をしている従業員思いの優良企業です。南木隆治
    菊池和雄 (04/06)
外部リンク
南木隆治(みなきたかはる)      http://minaki.webcrow.jp/ (南木の資料室・総目次) http://star.ap.teacup.com/minaki/ (南木の資料室別館) http://osjes.jugem.jp/?month=201701 『沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会』
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
(非常に重要)11月1日(木)『フジ住宅』裁判』。傍聴券抽選の為の集合時間が10分早くなっていますので、遅れないようにお気をつけ下さい。10時20分までにお越しください。

(非常に重要)11月1日(木)『フジ住宅』裁判』。傍聴券抽選の為の集合時間が10分早くなっていますので、遅れないようにお気をつけ下さい。10時20分までにお越しください。

 

 

南木です。

『フジ住宅』が不当に訴えられている裁判の13回目の期日(11月1日)が迫ってまいりました。

 

『フジ住宅』応援の私のこのブログに、数日以内にさらに詳しく、盛りだくさんの情報をアップいたします。楽しみにしていてください。

 

今回、傍聴券抽選の為の集合時間が10分早くなっていますので、遅れないようにお気をつけ下さい。

10時20分までに裁判所にお越しください。

 

抽選場所は裁判所を出て地下1階の部屋ですが、我々は、裁判所南入り口を入ってすぐ右側の待合室に恐らく11時15分くらいまで集まっています。

お越しくだされば、顔見知りの皆様が多数いらっしゃると思います。

前回、前々回と、当方が数の上でわずかですが原告を上回っています。

どうぞ皆様今回も宜しくお願い申し上げます。

 

この裁判に『フジ住宅』が負けるような事が万が一あれば、我が国の『言論の自由』は完全に破壊され

学校で先生が生徒に「日本は良い国だ」と繰り返し言えば、それだけで「ヘイト発言だ」と言う事になってしまいます。

(会社のような閉ざされた場所で「日本は良い国だ」と言う言葉が繰り返されれば、それは「ヘイト発言」であると原告弁護士は実際に法廷で驚くべき主張をしています。)

 

 

今回会社と、弁護士で詳しく配布文書を分析された結果、中韓について触れた記述は、全文書中のわずか0.03パーセント以下である事が明らかになりました。しかもその内容は決して「ヘイト発言」ではありません。

会社が「ヘイトハラスメントを繰り返している」と言われても、原告を除く社員の皆様が

「何のことでしょうか」

と狐につままれた様な反応をなさったのは当然です。

 

会社が「ヘイト発言」、「ヘイト行為」を繰り返していると言うのは、まったくの『フェイク情報』であり、「嘘」です。

0.03パーセント以下ですから、よくよく探さないと見つかりません。とんでもない言いがかりです。しかも繰り返しますが、それは真っ当な批判であっても、決して「ヘイト発言」ではありません。

 

この裁判は彼らが作り上げた『フェイク情報』=『デマ』を『土俵』として始められました。

原告支援団体は、まずその『土俵』を作り、ネット上で嘘をばら撒き、原告支援者の皆さんをすっかり騙し、その『フェイク情報』の『土俵』の上で勝負をしようとはじめから計画したのです。

そして、裁判官にも最初から強烈に「先入観」を持たせることを謀り、裁判官も『フェイク情報』の『土俵』に引きずり上げて、この裁判を始めたのです。

原告がそこまで考えたのではなく、原告応援団、弁護団は、そのように計画したという事です。そして今もその『フェイク情報』を熱心にばら撒いています。

その証拠を含め、数日以内に、このブログで紹介いたします。

 

誰も応援しなければ、現在の我が国の情況では、このごり押しの裁判に『フジ住宅』は負けてしまいます。

原告の支援団体『ヘイトハラスメント裁判を支援する会』の背後には、さらに『部落解放同盟』と、『JP(日本郵便)労組』がついて組織的に応援しています。多数の署名を集め、動員をかけています。難波、梅田、淀屋橋、そして『フジ住宅』本社がある岸和田で、原告支援者たちは何度も「営業妨害」の「街宣活動」をしています。

 

会社を応援する我々の側にはそういった組織は何もありません。

良識、常識ある国民一人一人が、この優れた、愛国心に満ちた企業を守らねばなりません。

この裁判に負ければ、日本中の全ての企業はその内部に「ヘイトハラスメント対策室」を作らねばならなくなり、もちろんそこには外部から人間が送り込まれるのですから、我が国の企業はそれによって企業生命を奪われ、我が国の繁栄はそこで終わってしまうでしょう。

 

過去何十年に渡り、我が国の政府から、地方公共団体までの全ての機関、大学を含む全ての学校、ほとんど全ての宗教団体に「同和問題対策室」や、その担当者が置かれてどうなったかを考えねばなりません。今はそれらは「人権問題対策室」等と名前を変えていますが、非常に偏った「人権問題の対策」の仕方をしている事は疑いがありません。、「拉致問題」については何の努力もしないどころか、むしろ長年に渡って「拉致問題」を「人権問題」に含ませることすら、「人権問題担当」の彼らが反対し、妨害してきたのです。彼らは「拉致問題」を「人権問題」に含ませる事に妨害を繰り返しつつ、「アイヌ問題」などを率先して人権の課題としてきました。最近は「LGBT」です。政府が配布している「拉致問題啓発」のポスターなどが学校や、役所でほとんど見られないのは、彼らが率先してそうしてきたからです。ほとんど正気とは思えません。

そして、その中で莫大な利権を彼らは「勝ち取って」来たのでした。

 

我が国の全ての組織に『ヘイトハラスメント対策室』を作らせる事がこの裁判の彼らの 「政治的な」最終目的です。

彼らの背後には敵性外国があります。我が国がどうなってしまうか、明白です。

我が国の根本問題を注意深く観察してこられた皆様なら、私が極論を言っているのではなく、真実を述べている事を理解してくださるでしょう。

 

この裁判は我が国の運命にとって極めて重要な裁判です。

 

11月1日(木)、来週の本日 午前10時20分抽選開始です。

皆様、どうぞ宜しくお願い申しあげます。

 

なお、「ブルーリボンバッジ」について最終の詰めはまだ出来ていません。

 

 

https://www.fuji-jutaku.co.jp/blog/

フジ住宅 訴訟・裁判に関する当社の主張 

2018年10月19日弊社を応援してくださる皆様へ。 次回裁判11月1日、傍聴券抽選の集合時間変更について。お知らせ。

皆様いつも弊社を力強く応援してくださり、有難うございます。

皆様のご支援のおかげで、裁判は当方に有利に進展しているとの感触を持っています。

皆様のご期待を裏切る事の無い様、弊社は全社一丸となって、今後も高い倫理観を保って仕事に邁進したいと思っております。


さて、裁判所より連絡があり、集合時間を10分早めたいとの事です。

次回第13回目の裁判は11月1日(木)大阪地方裁判所堺支部で開かれます。

開廷時間は前回と同じで 午前11時開廷ですが、開廷40分前の午前10時20分より傍聴券の抽選をはじめるとの事です。


皆様。傍聴券獲得には午前10時20分までにお越しください。

 

前回も、おかげさまで傍聴席の過半を弊社支援者で占める事ができました。

本当に有難うございます。この場をお借りして、心より御礼申し上げます。

皆様、どうぞ、引き続きご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 

(編集責任 フジ住宅株式会社)

- | 08:35 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
- | 08:35 | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.